「着物」と聞いて、皆さんどんなものをイメージするでしょうか。
絹100%でとっても高価でお手入れが大変、そんなイメージを持つかたもいるかもしれませんね。
そんなかたにぜひ知ってほしいのが、「洗える着物」です。
綿やポリエステル素材でできた、自宅の洗濯機で洗える着物のことなのです。

そんな洗える着物のひとつに、「デニム着物」があります。
そう、「デニム」なのです。
着物とデニム。なかなか結びつかないですよね。
かく言う筆者も、見たことはあっても、着るのは未体験。
そこで、今回、着物屋くるりさんの「デニム着物 GIZA ブラック」を購入してみました。

くるり デニム着物【GIZA】ブラック(レディース・洗える・綿・単衣着物・墨黒グレー)

デニム着物をさっそく着てみた!

 

届いたばかり、まっさらなデニム着物です。

袖にしつけ糸が付いているので、外します。

「デニム」というと厚地なイメージですが、そんなことはありません。
程よい厚みで、しっとりとした手触りの生地です。

デニム生地は色落ちしますが、それは着物でも同じ。
今回購入した着物はワンウォッシュ加工済みのものですが、せっかく洗える着物なので、一度洗濯してしまうことにします。

色が抜けたりしないか不安でしたが、大丈夫でした。陰干しして、しっかり乾かします。

さっそく着てみました。

後ろはこんな感じです。
サイズはLサイズを着用しています。(筆者は身長164cm。)

ゴワゴワしそうなイメージですが、思っていたよりもずっと柔らかい着心地です。
広衿仕立てなので、衿元の調整がしやすいですね。

洗えるからカジュアルに着られる!

気になる色落ちですが、一日着ると、白足袋に薄っすらと色が移りました。(脱いですぐに洗濯したところ、キレイに落ちました。)
帯や襦袢には特に移っていないようで、ひと安心。

着心地の良さは正絹(しょうけん・絹100%)の着物の方が勝りますし、皺になりやすい点が気になります。
けれど、気軽に着られて家で洗濯ができるというのは、やはり魅力的ですね。
デニム着物は、盛夏(7、8月)以外はいつでも着られるので、これから大活躍しそうです。

気になるお値段は、税込み35,640円。
低価格のデニム着物もありますので、比べると決して安くはありません。
ですが、その分品質が良いのは確かです。

ちなみに、写真で着けている帯は「KIMONO MODERN」さんの「あったかニット模様がかわいい北欧調名古屋帯 ノルディックstyle ベージュ」。
グラフィックプリントが施された、起毛素材の帯です。こちらも綿100%なので、自宅で洗うことができます。

今回紹介したデニム着物以外にも、綿100%やポリエステル100%の着物や帯が、ネットで簡単に入手できます。
筆者は「きもの京小町」さんの「洗える着物 デビューセット 袷 19点フルセット福袋」や「京都きもの町」さんの「木綿着物と木綿の名古屋帯の2点セット」、「オリジナル着物福袋 5点セット」など、セット物を購入してコーディネートを増やしています。

これから着物を着始めようとしているかた、正絹だとちょっと気を遣うというかた、ぜひ試してみていただければと思います。

着物屋くるり 楽天市場店

きもの京小町

京都きもの町

KIMONO MODERN